読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一歩一歩踏みしめて 今ここから

昨日1日日テレを追いかけましたが「news every.」会見の様子が流れたのはズーム、スッキリ、ミヤネ屋のみで、いずれも奇跡の38歳丸岡さんメインでした…。スポーツ紙もほぼ丸岡さんで唯一中スポは見出しもけえちゃん写真もカラーといい感じでしたが結局買わず。写真はヲタ誌に期待します。しかしジャニーズより推されるキャスター、おそるべしですね。ハイクにも書きましたがとりあえずこやまくんは日テレに好かれるところから始めて下さい。翔君を目指すならまずはそこから取り掛かりましょう。

というわけで1番扱いが良かったのはZEROだったかなと。リアルタイムを見逃しちゃったのが惜しかったけど。ZEROは翔君パワーもあってあの巨大スクリーンにどあっぷまでしてくれて感謝感謝でした。来週も番組スタートの週なので念のためはっておこうと思います。


確かに「学力」は人には大切で、それを備えていることは素晴らしくて、みんなの前に立つ人ほど求められるものかもしれない。でも、それと「賢さ」は違うと思う。「賢さ」は人として生きていく上での頭の良さで、それは学力がなくたって身につけることはできるし、学力があったからと言って身についてるわけではない。

私の大好きな人の言葉には「学力」とかそういうものは感じられないかもしれない。でも、「自分が弱者と強者をつなぐ役になりたい」「今の若い人たちが何をすべきなのか示したい」と語った姿からは、熱意と、誠実さと、謙虚さと、温かさ、そして、ひとつひとつ大切に言葉を選んで話す姿からは「賢さ」が伝わった。私はそう感じました。少なくとも、まだ番組が始まってもいないのにああだこうだ非難し、後ろ向きなことしか言わず、人をばかにし、自分は何もしようとしないくせに取り組もうとしている人の批評ばかりしようとする発言の数々よりは、ずーっと。そんな人としての「賢さ」に欠けるような、どうせ何も知らない人たちは、どうせ番組だって真剣に見ることはないだろうし、私の大切な人のことだって知ろうともしないだろうけど。もしかしたらいつか本人もそんな心ない言葉に傷つけられてしまうかもしれないけど、それでも彼はきっとまた彼の「賢さ」を見せてくれると信じてます。

学力や勉強だけが全てじゃない。むしろ、人として向き合うべきこと、知らないことを知っていくこと、自分と違うことを理解して受け入れること、「弱者と強者が知識を共有すること」の方がよっぽど大切で、難しい。普段なかなか気づくことのできないメッセージも、きっと彼らしく伝えてくれるんだろうなと思います。私は、そのひとつひとつを、大切に受け取っていきます。



…突然こんなことを書いてすみません。せっかく素敵な楽しみなお仕事なんだから本当は見ないふりをすべきなんだろうけど、まだ番組が始まってもいないのに好き勝手言われていることにどうしても我慢できなくなってしまって。なんか…あんたらの方がよっぽどおばかじゃい!と思ってしまったのです。でも私は大丈夫です!すみませんでした。